「あなたは5年後、健康ですか?」

この問いに自信をもって「はい」と答えられますか?

元中小企業の冴えない管理職でも出来た
誰でも出来る、わかりやすい健康法とは?

ご訪問ありがとうございます。

初めまして、健康アドバイザーの健生(けんせい)と申します。
健康管理士という、
日本成人病予防協会が主催する民間資格を取得し
健康管理全般(予防、食事、運動、病気の知識、メンタルヘルス等)
について学びました。

自己紹介させて頂きます。

私は幼少期に母親を亡くし、非常につらい思いをしました。

「小学校の授業参観」「友人と母親になった時の気まずさ」
「毎日自分で弁当を作った、中学校3年間」

今となってはどれも良い思い出となりましたが
当時は本当に嫌な思いをしたものです・・。

やがて高校、大学と進学し多少の回り道もしましたが
普通の会社に就職しました、当時はいまとは価値観の違う労働環境でしたので

要領が悪いほうでもあったため無駄な残業も多くこなしながら

何気ない毎日を過ごしていました。

その後、考え方や環境の変化により一発奮起で自分で起業するに至りました。

起業後は主にECを使った小売業などの事業を中心としていましたが
ふと、何か新しいビジネスも取り入れたいなと思い
色々と調べていました。

もともと若い頃から健康管理に興味があり
様々なサプリメントの摂取、
ジム、筋トレなどスポーツ、ヨガの取り組みを続けています。

また人前に出ると緊張しやすい性格で、
仕事の場面で人に何かを説明する時など非常にストレスを感じやすいほうでしたので
話し方教室、プレゼンテーション、セールスセミナー、等の
ビジネスセミナーに加え、
マインドセット、アファメーション等
精神の世界の学習も比較的早くから取り入れていました。

健康な人生を送ってもらうために

そんな中、とある健康経営事業に関する商材を知り興味を持ちました。
その理由は「がん予防」に関する内容だったからです。
幼少期に母親を亡くした、その死因もがんでした。
また、祖父の2人ともにがんで亡くしましたので
私にとってごく近い家族だけでも3人の命を奪った病気であることは事実です。

近年若くしてがんで無くなる有名人の方の訃報も多く
残された家族のつらさは痛いほど経験しています。
本当に見ていられないほど感じてしまいます。

そして私はご紹介の通り、人前で話すのはあまり得意ではないですが、
「書く」ことは非常に得意です。
会社の会議など、事前に予測のつかない質問などに答えるのが苦痛でしたが
「今月の営業報告」、「来月の戦略発表」など
事前に準備出来る事についての発表は、人から
褒められることが非常に多かったです。
その理由は、ただ単に事前に自分で箇条書きしたものや
要点をまとめて書いたメモを用意して
ただそれを見ながら話したからだと思います。

「読み続けるだけで健康に生きる実感が沸いた」
「健康寿命が延びた気がする!」

一人でも多くの方にそう喜んでいただけるようなメディアにすること

私自身も健康管理を実践し、わかりやすく伝え続けて行く事をお約束致します。