健康な生活を続けていきたいと考えている人は沢山います。
ほとんどの人は、健康の為には運動習慣が大切と考えているでしょう。
しかし、なかなか運動習慣が身に付かない人も多いと思います。

では、運動習慣を身に付ける方法について気になりませんか?

この記事では、運動を習慣化させる方法を紹介します。

この記事では、プロゴルファーやサッカー選手も実践しているスポーツ心理学から見た習慣化の方法を分かりやすく解説していきます。
ここで紹介する内容は、すぐに実行や改善出来ることばかりです。
また、運動を習慣化する為のスマートフォンアプリも紹介します。

この記事を読むことにより、健康の為の運動を習慣化することが出来ます
運動が習慣に出来ない人だけでなく、これから運動を始める人も是非、目を通してみて下さい。

あのプロゴルファーも実践!ゴルフ練習にも役立つ “ビジョン54″とは?

運動を習慣化するには、※『ビジョン54』を実践することが大切です。

※ビジョン54とは、プロゴルファーのアニか・ソレンスタムや宮里藍を教えたピア・ニールソンが唱えた考え方です。
ゴルフで、全てのホールでバーディを獲れればスコアが54になることから『ビジョン54』が生まれました。
『ビジョン54』の方法は、自分の長所と短所を出来る限り書き出して、長所を伸ばす方法と短所を治す方法を考え出し、それに向けて出来ることを1つずつ確実に行うことです。

これを運動を習慣に置き換えると、今まで習慣化出来たことの理由と、なぜ現在習慣化出来ないのかを考え、改善に向けて出来ることを1つ試していきます。

例えば、自炊は習慣化出来た過去があり、理由は「楽しかったから」の場合、運動を習慣化させる為には、運動にも「楽しい」を取り入れる必要があるという考え方です。
逆にこれが出来なければ習慣化から遠ざかるでしょう。

好きな音楽を聴きながら走ったり、好きな(きれいな)景色が見える場所を走ったりと      好きな(たまたますれ違う綺麗だなと思う)人 がよく犬の散歩をしている場所を集中してコースに取り入れる等、運動にも「好き」の要素を入れていくことで、運動を習慣化することが出来ます。

これが『ビジョン54』の考え方です。

【3つ厳選】習慣化に本当に使えるアプリをしてみた

ここからは運動を習慣化するのをサポートしてくれるスマートフォンアプリを紹介していきます。

スマートフォンアプリはすぐに開けたり、日々の運動を記録することが出来るものばかりなので、成果や努力の継続が見て分かる為モチベーションアップに繋がります。

1つ目のスマートフォンアプリは『DotHabit』です。
このスマートフォンアプリは運動を継続するとポイントが溜まったり、成長を記録に残したり、通知で運動時間を知らせてくれます。

実際に使ってみた感想は、運動を習慣化する為のスマートフォンアプリでは           王道タイプという感じです。

2つ目のスマートフォンアプリは、『継続する技術』です。
このスマートフォンアプリの特徴は、運動習慣に必要な情報だけでなく、挫折してしまうパターンも分かることです。

実際に使ってみた感想は、なぜ運動を習慣化出来ないのかが分かる為、『ビジョン54』にも当てはめることが可能です。
三日坊主あるあるもユーモアがあり、馴染みやすいデザインになっているので、習慣化出来ない理由が簡単に理解出来ます。

3つ目は『目標継続カレンダー』です。
このスマートフォンアプリの特徴は、毎日の小さな達成感を味わえることです。
運動を継続している事実が一目で分かります。
逆にさぼった日も一目で分かるので、自分の現状を把握することが出来ます。

実際に使ってみた感想は、毎日達成感を味わうことにより成功体験として記憶出来るので、    論理的というよりも感性的に継続を促すスマートフォンアプリです。

もう挫折しない!やり抜くための「超習慣術」とは!?

多くのサッカー選手も参考にしている『超習慣術』という本の内容を紹介していきます。

超習慣術』の著者はメンタリスト・DaiGoです。
メンタル術から考える習慣方法の本になっています。

『超習慣』で大切なこととして挙げられているのは、                    「目標設定が高すぎるなら分割して簡単にできるようにする」こと、             「習慣までの全体像を知る」こと、                            「究極の習慣化(悪い癖を除く)。(例:タバコが吸いたくなったらテイッシュを口に入れる)」  ことです。

「目標設定が高すぎるなら分割 簡単にできるようにする」は、                ビジョン54と同じ考え方で、目の前の課題を1つずつ改善、達成させていきます。

「習慣までの全体像を知る」は運動が習慣化するまでの流れを把握し、             どのようなステップから踏んでいけばよいのかを知ることです。
これもビジョン54と同じ考え方ですね。

「究極の習慣化(悪癖除去)する。(タバコが吸いたくなったらテイッシュを口に入れる)」は、無理にでも悪癖を取っ払うことです。足し算ばかりに気がとられがちですが、            悪いものを取り除くという考え方は習慣化において最も効果的な方法の一つです。

運動が習慣化するまでの流れ(プロセス)を把握した上で、現在自分がどの位置にいるのかを自己に認識し、目の前に課題に集中することが大切です。
そこで今までの悪い癖などが邪魔をすれば、悪い癖の除去を試すのが、『超習慣術』の内容です。

まとめ

今回は運動を習慣化させる方法を紹介しました。
運動を習慣化出来ない人は多く存在します。

習慣化させるための具体的な方法が分かりました。

ビジョン54の方法は
・長所と短所を書き出す。(過去に習慣化出来た理由と現在出来ていない理由)
・習慣化する為のステップを1つずつ行っていく。


習慣化を見える化する、スマートフォンアプリを利用するなら
・『DotHabit』
・『継続する技術』
・『目標継続カレンダー』


『超習慣術』を参考にするなら
・目標設定が高すぎるなら分割 簡単にできるようにする
・習慣までの道のり(全体像)を知る
・究極の習慣化(悪い癖を除去)する。

運動を習慣化する為には、習慣化までの段階を把握した上で目の前の課題に集中し、       自分の悪い癖が出てくる事を前提として待ち構える気持ちで行うことが習慣化させるポイントです。
スマートフォンアプリを活用すると記録ができますのでモチベーションも上がって、       より効果的です。

今回紹介した習慣化の方法を、今日から始めてみてはいかがですか?
ぜひ、紙と鉛筆やスマホのメモ帳の箇条書きからでも良いので                 一歩踏み出してみてはいかがでしょうか?

運動を習慣化できれば、見た目も心も、より健康な自分を手に入れることが出来ますよ。