健康や運動不足解消の為に、普段から運動をしている人は多くいます。
朝にやる人もいれば、夜にやる人もいます。

では、運動をやるのは朝か夜かどちらが良いのか気になりませんか?

この記事では、「運動をやるのは朝が良いのか?夜は良いのか?」を理由も含め紹介します。

この記事では専門家の意見を分かりやすく解説しています。
ここで紹介する内容は、すぐに実行や改善出来ることばかりです。

この記事を読むことにより、朝に運動か?夜に運動か?がという疑問がスッキリします。     会社帰りの夜派のあなたも、早起きする朝派のあなたもぜひ目を通してみてください

運動する時間帯は朝か夜のどちらにするべきなのか

多くの人は健康やストレス解消の為に、運動をしています。

結論から言うと、健康促進や運動不足解消を目的とした運動は、                身体的には朝と夜では大きな違いはありません。

それでは一方で脳への影響はどうなのでしょうか?
脳への影響も踏まえるのであれば、朝の方が効果的でしょう。
また、夜の運動は逆効果になる場合もあります。

朝と夜の運動が脳に与える効果の違い

脳科学者・理学博士の望月泰博によると、朝に運動することは良いとのことです。
では、朝の運動にはどんな効果があるのでしょうか?

朝の運動は、脳の働きを活性化させる効果があります。
また、心を整える効果もあります。
ストレス解消や気分向上の効果もあり、朝の運動はメリットが多く存在します。

3月9日(月)『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』「SUNSTAR PLEASURE PICK UP!」

朝の運動は脳へ良い影響を与えますが、夜の運動はどのような効果があるのでしょうか?
夜の運動は脳への悪影響を及ぼすことがあります。
夜の運動は睡眠に大きな悪影響を与えます。

ノースカロライナ州のアパラチア州立大学の調査によると、                  夜に運動をおこなった人は朝に運動をおこなった人に比べ、                 「深いノンレム睡眠」の時間が最大で75%も低いというデータが出ています。
これには体温が関係しているとのことです。
夜に運動すると、体深部の体温が急上昇します。
1度上がった体温は元に戻るまで4時間から6時間かかる為、                  睡眠の質が落ちることが分かっています。

睡眠の質が低下することにより、目覚めが悪かったり、                    翌日の脳の動きが低下する恐れがあることが運動を夜におこなうデメリットです。

引用記事:DIAMOND ONLINE「夜の運動が健康に悪い 本当の理由とは」

効果的な運動方法の1つをご紹介

健康促進や運動不足に最も効果的な運動方法を1つご紹介します。

多くの人は健康や運動不足解消の為に、ウォーキングをしています。
ですので、ウォーキングを例に解説していきます。

身体的に効果的なのは、1日30分おこなうことです。
お時間のない方や体力に自信のない方は朝15分、夜15分という形をとっても構いません。

ペースも重要になってきます。
「1分間に165-年齢」の心拍数になるようなペースでおこなうことが最も効果的です。

これより遅すぎても効果はありませんし、早すぎても疲労物質が溜まって            循環器系に悪い影響を及ぼすことがあります。

コロナウイルスの影響で不織布のマスクをしながら「1分間に165-年齢」のペース        というのは、高齢者にはキツいかもしれません。
十分に距離を取る等をしながら通気性の良い運動用マスクを付けた方が             安全にウォーキングが出来ます。

朝の時間帯に「1分間に165-年齢」(例45才なら心拍数120)の心拍数になる         ペースのウォーキングを約30分間することが最も効果的な方法と言えます。

まとめ

今回は運動をするのは朝が良いのか、夜が良いのかについてご紹介しました。
運動をする時間帯に悩んでいる人も多いです。

・身体的影響を考えるなら、朝も夜も変わらない。
・脳への影響を考えるなら、朝にする方が良い。


身体的には朝も夜も違いはないものの、夜の運動は                     「深いレム睡眠」の時間を最大で75%下げてしまいます。
その結果、睡眠の質が低下し脳へ悪影響が出てきます。

また、どのような運動方法をすれば、最も効果的なのかも紹介しました。

・1日30分の運動、朝15分、夕方15分と分けても良い。
・ウォーキングであれば、「1分間に165-年齢」の心拍数になるようなペース。
・可能なら夜ではなく、朝におこなう。


健康促進や運動不足を解消するだけでなく、脳への影響を考えると、上記の内容が最適です。
現在は、スポーツジムや公園でもマスクを着用しての運動するように呼びかけられています。
「1分間に165-年齢」のペースをマスクを付けておこなうのは、                高齢者には大変です。
そんな場合は、付け心地の良い素材の運動用マスクの着用をおすすめします。

今回紹介した運動方法を今日から始めてみてはいかがですか?
健康的な体が手に入りますよ。