動脈硬化という病気は聞いたことがあるものの、詳しくは知らない人は多くいます。
動脈硬化は嫌だ、予めリスクを下げたいと思っている人は多くいますよね?

では、動脈硬化はいったいどんな病気なのかや予防する方法について気になりませんか?

この記事では、動脈硬化の原因や症状、予防する方法を紹介していきます。

この記事では、専門家やが紹介している方法を誰にでも分かるように解説していきます。
ここで紹介する内容は今すぐに実践出来る方法ばかりです。

この記事を読むことにより、動脈硬化がどんな病気なのか?
予防方法は何があるのか?と言った疑問が解決し、健康な体が手に入ります。

また、周りが知らない知識を得ることができ、感謝される事があるかもしれません。

今までに動脈硬化に関心があった人も、これから勉強していく人も
是非、一度目を通してみて下さい!

動脈硬化とは。自覚症状はある?何が怖いのか。

まず、動脈硬化とはなんなのでしょうか?

その発症する仕組み、自覚症状について、三大成人病との関係性について、
検証していきます。

動脈硬化の起こる仕組み

動脈硬化とは、血液の循環が悪くなったり、詰まってしまったりする病気です。

全身に血液を送る動脈内にコレステロールが溜まることにより、血液が流れにくくなったり、詰まってしまう仕組みになっています。

動脈硬化には3種類ありますが、主に「粥状動脈硬化」を動脈硬化と指す場合がほとんどです。
なので、ここでは「粥状動脈硬化」を動脈硬化とし、紹介していきます。

国立循環器病センター 循環器病情報センター「動脈硬化」

動脈硬化の自覚症状

動脈硬化には、はっきりとした自覚症状はないと言われています。
その為、健康診断で初めて動脈硬化が発覚するケースがほとんどです。

ただ、心筋梗塞や脳梗塞、腎不全などの合併症が出ますので、
これらの病気の経験がある人は要注意です。

動脈硬化と三大成人病との関係

三大成人病は「がん」、「脳卒中」、「心筋梗塞」ですが、
この中の脳卒中と動脈硬化は関係性が存在します。

脳卒中と動脈硬化の原因は同じという結果が出ており、
脳卒中の予防方法=動脈硬化の予防方法と言えます。

特定非営利活動法人 日本成人病予防協会「動脈硬化について」

動脈硬化が起こる原因、治療方法について知っていますか?

では、動脈硬化の原因や治療方法は一体どんなものがあるのでしょうか?

動脈硬化の原因

動脈硬化の原因は、
加齢、喫煙、肥満、食事内容、運動不足、ストレスが挙げられます。
これに高血圧や脂質異常が加わると、動脈硬化発症の可能性が高まります。

治療方法

動脈硬化の治療方法は、薬の投与が主流です。
なぜかと言うと、動脈硬化そのものの治療方法は確立されていないからです。

個人で出来る動脈硬化に直接効果がある治療方法は、現在ありません。
しかし、運動習慣を身に付けたり、食事習慣の改善やストレス解消は動脈硬化の予防に繋がったり、
動脈硬化発症の可能性を高める高血圧や脂質異常の治療には効果があります。


現在、動脈硬化そのものの治療方法は確立されておらず、薬の投与に限られますが、
高血圧や脂質異常を予防しておくことが大切です。

動脈硬化を予防するには?

では、動脈硬化はどのように予防すればよいのでしょうか?
「食事」、「運動」、「飲み物」と3つに分けて紹介していきます!

動脈硬化と食事

食事による動脈硬化の予防方法を紹介していきます。

まずは、過食を抑えることです。
過食による体重の増加は、コレステロール値の上昇に繋がってしまいます。

肉、乳製品、卵の動物性脂質より、大豆や魚の脂質を優先して摂取することも予防に繋がります。
大豆や魚の脂質は良質な脂質と言われており、血液をサラサラにする効果があります。

この2つを日頃から意識して食事をすることが、動脈硬化の予防方法です!

私も、大豆と魚中心の食事に変えたところ、体の重苦しい感じが減り体調が良くなりましたよ!

動脈硬化と運動

次に運動による動脈硬化の予防方法を紹介していきます。

まず1つ目は、ジョギングやウォーキングなどの軽い有酸素運動です。
1日1万歩を目指していきましょう。

次に毎日30分間運動をすることです。
30分というのは、運動を開始してから体脂肪がエネルギーとして
使われるまでにかかるのが20分~25分かかるからです。
忙しくて毎日は無理な人も、週に3回~4回は行えるようにしましょう。

ジョギングやランニング、水泳などの有酸素運動を行うようにして下さい。
筋トレや強度の高い運動などの無酸素運動では、体脂肪はエネルギーにあまり使われず、
動脈硬化予防に関しては、あまり効果的ではありません。

私も、毎朝ジョギングを30分行っていますが、
体調も良くなり健康診断にも引っかからなくなりました!

日本動脈硬化科学会「動脈硬化の病気を防ぐガイドブック」

動脈硬化と飲み物

動脈硬化予防に良い飲み物も存在します。
それはポリフェノールが含まれている飲み物です。

例えば、緑茶やココア、赤ワインなどです。
ポリフェノールには、血液をサラサラにする効果があります。
なので、意識的にこれらの飲み物を摂取するようにしましょう。

注意点としては、飲み過ぎないことです。
緑茶とココアにはカフェインが、赤ワインにはアルコールが含まれており、
これらを過剰摂取すると体に不具合が出てきてしまいます。

まとめ

今回は動脈硬化の症状や原因、予防方法を紹介しました。
動脈硬化の予防に気を遣っている人は多く、家族も心配していることがよくあります。

動脈硬化は、血液の循環が悪くなったり、詰まってしまったりする病気で、自覚症状はないです。
また、三大成人病の1つである脳卒中とも関係があり、脳卒中の予防=動脈硬化の予防と言えます。

動脈硬化の原因は
加齢、喫煙、肥満、食事内容、運動不足、ストレス
が挙げられます。

動脈硬化そのものの治療法は確立されていません。
現在は、薬の投与のみで個人で行えるものはないでしょう。

予防方法ですが、食事、運動、飲み物の3つを紹介しました。
食事方法は、
・過食を抑える
・肉、乳製品、卵の脂質より、大豆や魚の脂質を意識して摂取する

ことが挙げられます。

運動は毎日30分(最低でも週3~4回)の軽い有酸素運動を行うことが大切です。
筋トレなどの無酸素運動は予防にはあまり効果がありません。

飲み物は
・緑茶
・ココア
・赤ワイン

などのポリフェノールを含んだ飲み物を意識して摂取すると良いでしょう。

今回紹介した内容を踏まえて、動脈硬化の予防に取り組んでみてはいかがですか?
運動や食事は今すぐにでも始めることが出来ます!

人生にとって健康は目的ではない。しかし、最初の条件なのである。
(~武者小路実篤~)

運動に関する記事はこちらも参照ください。