すい臓がんは早期に発見することが難しく、
がんの中でも、5年後の生存率が最も低いと言われている恐ろしい病気です。

では、もし自分がすい臓がんと診断されたら、
このがんにはどのような症状があり、治療の際は、どんな治療法があるのか気になりませんか?

この記事では、すい臓がんになった場合の体の変化や、
どのように治療をしていくのかについて解説します。

この記事を読むことで、すい臓がんがどんな病気なのか理解を深め
他人ごととは言わずにしっかり健康管理の認識ができると思いますので、是非参考にしてください。

すい臓がんの原因と初期症状

すい臓がんは生活習慣病であるがんの病気の一つですが、
その原因や初期症状はどのようなものでしょうか?

ここでは、どのような人がすい臓がんになりやすいのか、
またどんな症状が疑わしいサインなのかについてご紹介します。

すい臓がんの原因は何?

はじめに、すい臓がんの原因についてみていきましょう。

すい臓がんになるきっかけは、「長年、膵炎や糖尿病にかかっていること」、
「血縁のある家族内にすい臓がんになった人がいること」、
「喫煙」などがあります。

なかでも、家族内にすい臓がんになった人がいる人は、
「遺伝性腫瘍」のに注意が必要といえるでしょう。

引用:国立がん研究センター「すい臓がん 基礎知識」

すい臓がんの初期症状について。すい臓がんはなぜ見つけにくい?

すい臓がんの初期段階では、自覚できる症状がほとんどないと言われています。

すい臓がんはがんの中でも特に見つけにくいと言われています。

その理由は、すい臓の位置関係です。
すい臓は、胃の後ろの体の深い位置にあるからです。

すい臓がんが進行してくると、「食欲不振」、
「腹部満腹感(すぐにお腹がいっぱいになる)、
「黄疸(肌が黄色く変色すること)」、「腰や背中の痛み」などを発症します。

ただし、これらの症状が出たら、必ずしもすい臓がんであるとは限りません。
症状の原因をまず明解することが重要です。

もちろんすい臓がん以外での理由でも、
これらのような体調の変化は起きるからです。

参照:国立がん研究センター「すい臓がん 基礎知識」

すい臓がんの検査・診断

すい臓がんは、検診やドッグで実際にどうやって調べるのでしょうか?

また、どのように診断するのでしょうか?

ここでは、すい臓がんの検査方法や診断方法について詳しく解説していきます。

すい臓がんの検査方法

すい臓がんは、腫瘍の状態によっては1つの方法だけを行うのではなく
複数の方法を組み合わせて行い、診断基準に照らし合わせて総合的に判断されます。

すい臓がんを調べる方法は次のとおりです。

【血液検査(腫瘍マーカー)】

血液検査で体のどこかにがんが潜んでいると異常値を示す腫瘍マーカーを調べます。

すい臓がんで調べる腫瘍マーカーの項目は、「CEA」、「CA19-9」、「Span-1」、

「DUPAN-2」、「CA50」などがあります。

これらの項目が正常値であってもすい臓がんであったり、他の病気で異常値を示す場合もあります。

【腹部超音波検査(エコー)】

体に検査用のジェルを塗り超音波を発生させる機械をあて、
臓器に反射した画像を観察する方法です。

この方法は、痛みが全くなく体への負担がほとんどありません。  
ただし、肥満体型や部位の位置によって画像が見えにくい場合があります。

【超音波内視鏡検査(EUS)】

超音波の機械がついた内視鏡を口から直接入れて、
胃や十二指腸を経由してすい臓に超音波をあてて調べる方法です。

この方法は、体外からあてる腹部超音波検査よりも詳しく調べることができます。
検査中に、「穿刺(せんし)吸引細胞診」という方法で腫瘍の組織を採取して
調べることもあります。

【CT検査】

X線写真を使って、腫瘍の大きさや周りの臓器への広がり、転移(※)の有無などを調べます。

この方法は、通常は造影剤という薬を体に注射し、多方向からの観察します。
造影剤は、体内に入るとじゅわっと体が一瞬熱くなりますが、痛みなどはほとんどありません。

※転移・・・がん細胞が最初に発生した場所から、血液やリンパ液にのって他の臓器へ移りそこで癌細胞が増えること

【MR胆管膵管撮影(MRCP)】

MRI(※)という機械を使って胆管や膵管を調べる方法です。

この方法は、内視鏡や造影剤を使わずに調べることができるので体への負担ないことがメリットです。そのため、最近ではこの方法で調べるケースが増えています。

※MRI・・・磁気をつかって体の内部の情報を画像にする方法

【内視鏡的逆行性胆管膵管造影(ERCP)】

口から内視鏡を入れて膵管や胆管をX線で撮影して調べる方法です。

この方法は、MRCPと同様の画像が撮影できますが、造影剤が必要になるという点で異なります。また、内視鏡を使って胆管内の組織を一部採取して調べることもあります。

【PET検査】

体にブドウ糖が入った注射をし、そのブドウ糖が体のどこまで広がっているかを撮影することで、
全身のがん細胞の広がりを調べることができます。

しかし、この方法を用いてもすい臓がんを早期に見つけることは難しいと言われています。
そのため、この方法は他の臓器への転移や再発していないかを調べるために使われています。

引用:日本成人病予防協会「すい臓がんについて」

参照:国立がん研究センター「すい臓がん 検査」

すい臓がんを簡単に調べることができる方法がある?

すい臓がんを簡単に調べることができる「検査キット」が開発されました。
これは、「国立がん研究センター研究所」や「米国国立がん研究所」、
「ドイツがん研究センター」、「国際がん研究機関」の共同研究により開発されたもので、

すい臓がんを引き起こす可能性の高い病気を発見することができると評価され注目されました。
このことから、2015年から神戸大学とすい臓がんの検診について共同で研究を進めていましたが、残念ながら科学的にこのキットが有効であることを証明するデータを得ることができませんでした。

参照:国立研究開発法人 国立がん研究センター

「膵臓がんリスク疾患・早期膵臓がんの新検診法開発目指し新たなバイオマーカーでの実験的検診を北海道で実施」

すい臓がんの治療方法について

すい臓がんの治療はどのような方法で行うのでしょうか?
ここでは、その方法について詳しく解説していきます。

手術(外科治療)

すい臓がんの治療では、がんの部分を切除できると判断された場合は
「手術(外科治療)」を行います。

この方法は、すい臓に近い臓器である肝臓や肺に転移がないか、大きな血管にがんが広がっていないかなどによって切除できるかどうかを判断します。
具体的には以下の方法で治療を行います。

【膵頭(すいとう)十二指腸切除術】

十二指腸、胆管、胆のうを含めて膵頭部を切除する方法です。

切除した後は、小腸と繋ぎ合わせ膵液を小腸に流れるようにします。
同じく、胆管と胃もそれぞれ小腸に繋ぎ合わせます。

【膵体尾部(すいたいびぶ)切除術】

すい臓の真ん中にある膵体と脾臓に近い膵尾にがんがある場合は、

体部と尾部を切除します。
一般的には、脾臓も一緒に摘出します。

【膵全摘出】

すい臓全体にがんが広がっている場合は、すい臓をすべて摘出します。

しかし、この方法を行うとすい臓の機能が失われて
代謝や消化機能が衰えるため、治療の効果が期待できない場合は行いません。

【バイパス手術】

がんの広がりが大きすぎて切除ができない場合は、「バイパス手術」を行います。これは、がんが十二指腸を塞いでいる場合、胃と小腸をつなぎ合わせて食事がとれるようにします。

また、胆管ががんで塞がっている場合には胆管と小腸をつなぎ合わせる方法を行います。

参照:国立がん研究センター「すい臓がん」

放射線治療

放射線治療は2つの方法があります。

一つ目は、「化学放射線治療法」です。
これは、放射線治療と薬物療法(化学療法)を組み合わせた方法です。

もう一つは、痛みや症状を和らげるために行うこと目的とした方法です。

どちらも、放射線の量によって副作用が出る可能性があります。
例えば、吐き気や嘔吐、食欲不振、白血球の減少などの症状がでる可能性があります。

参照:国立がん研究センター「すい臓がん」

薬物療法

「薬物療法」とは、手術後にすい臓がんが再発しないように補助的に行う方法です。

この方法を一定期間受けると、再発しにくく生存期間が延びることがわかっています。

また、手術ができない場合や症状を和らげるためにも使われます。

ただし、口内炎や下痢、吐き気、脱毛などの副作用が起こる可能性があるので、

強く症状が出る場合は、治療の休止や変更も検討されます。

参照:国立がん研究センター「すい臓がん」

予防のための対策

すい臓がんを予防するためにはどのような対策をしたら良いのでしょうか?

ここでは、すい臓がんにならないための予防策をご紹介しますので、参考にしてください。

人の体は毎日の食事でできている。

すい臓がんにならないためには、野菜や魚などを積極的に摂り
バランスの良い食事を心がけることが大切です。

なかでも、魚に含まれる脂肪酸は、すい臓がんの原因となる
「炎症」を抑える効果があることが研究結果で報告されています。

例えば、サケやマス、カツオ、アサリ、エビなどの魚介類が
すい臓がんの予防効果と言われているので積極的に食べましょう。

参照:糖尿病ネットワーク「魚を食べる人は膵臓がんリスクが低い 魚の脂肪酸にがん予防効果」

肥満体型は危険?脂肪を落とすには?

すい臓がんは、肥満体型の人もなりやすいと言われています。

そのため、適度な運動をすることで適正な体型を維持することも大切です。

1日1回はじわっと汗をかく程度の運動を心がけましょう。

糖尿病とすい臓がんの関係性

「糖尿病」はすい臓がんと大きく関わりがあるとされています。

なかでも、「2型糖尿病」はすい臓がんだけでなく、大腸癌や肝臓がんなど、がんのリスクが20%ほど高いことが国内の研究結果よって報告されています。

その理由は、これらの人はインスリン濃度が高く血液中の過剰なインスリンが
発がんに関与すると考えられているからです。

そのため、血糖値が高い人は、積極的に検診を受けることをおすすめします。

参照:国立国際医療研究センター糖尿病情報センター「がん」

まとめ

いかがでしたか?

今回は、すい臓がんについて「すい臓がんについて。症状や初期症状など」をお伝えしました。

すい臓は周囲の臓器に囲まれてることから早期に発見しにくいため完治しにくく、
恐ろしい病気でであるとわかりました。

すい臓がんにならないためには、食べ物に気を付けたり体を動かすことで予防することが大切です。また、家族に同じ病気の人がいる人は、より一層注意して生活していきましょう。